リデュース・リユース・リサイクルのことをおさらい

3R、リデュース・リユース・リサイクルが地球を救う

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

3Rを正しく説明できますか?

リデュースは、3Rだけでなく、ごみ問題や資源問題を解決するための出発点です。 ごみを減らして資源を有効に活用するための取り組みが3Rだとすれば、リデュースはごみそのものを減らす取り組みのことです。 このような流れが確立された社会こそ、循環型社会であり、日本や世界が目指すべき社会のあるべき姿です。 続きを読む

リデュースから始まる循環型社会

最近よく耳にする3R。
では、これが何を意味するのか正確に説明できますか?

3Rとは、環境問題とごみ問題のキーワードであるリデュース・リユース・リサイクルの頭文字を並べた言葉です。
リデュース・廃棄するごみの量をできるだけ減らします
リユース・一度使ったものを何度でも繰り返し使います
リサイクル・使い終わったものを資源に戻し再利用します

まず一番に気に掛けたいのはリデュースです。
ごみ自体を減らすことは、地球に対する負荷がもっとも小さくなる取り組みです。

環境保全と循環型社会を目指して、社会が最初に目を付けたのはリサイクルでした。
そのため、リサイクルに対する取り組みは現在さまざまな形で世の中に浸透しています。

リサイクルでは、分別回収したしたごみを焼却し資源に戻します。
焼却するためには燃料が必要となり、それにともなって二酸化炭素も発生します。
これでは、地球の資源を消費して温暖化を進める結果になってしまいます。
この悪循環を断ち切るには、ごみ自体の量を減らすリデュース・リユースという取り組みと連携させることが何より大切なのです。

たくさん作ったけれど不要になって捨てるものを敢えて再生させるリサイクル、将来的にごみとして捨ててしまうものの生産量を減らすことを目的としたリデュース。
地球にとってよりやさしい取り組みがリデュースであるのはおわかりですよね。

リデュースを出発点として、社会全体で3Rの取り組みを連携・継続させること、これが未来の地球を守るために、私達ひとりひとりが今できることだと思いませんか?

3Rは個人と社会の連係プレー

3Rに対する取り組みは、私達ひとりひとりが心掛けられることがたくさんあります。 ごみを増やさない、貴重な資源を有効活用する、こうした理念のもと、日々の生活の中に3Rが自然に取り込まれてきています。 このような取り組みを自治体などと連携させることによって、3Rの流れを徹底・加速することができるのです。 続きを読む

3Rを広げよう!

個人レベルで、そして社会全体で3Rに取り組むことは、限りある地球の資源を守るためには必要不可欠です。 この流れを徹底するために、さらにごみを減らし資源を有効活用するために何ができるのかを考えましょう。 3Rのすそ野を広げて、5R・6R・7R、そしてその先へ。 私達の挑戦は続きます。 続きを読む

▲トップへ戻る