3Rを正しく説明できますか?

リデュースから始めよう!

先にも触れたように、リデュースは3R、大局的には環境問題やゴミ問題の解決に向けた出発点です。
そのうち不要になって捨てられてしまうものを生産・使用しなければ、将来的にゴミの量を減らすことができます。
減ったゴミの中からまだ使えるものをピックアップして、自分で、あるいは他の誰かが何度も使い回せば、ゴミをさらに減らすことができますよね。
リユースして残ったゴミを分別回収して、それぞれ焼却すると資源の形に戻ります。
この資源を使って新しい商品として再生させます。
新しい商品として再生させるにあたっても、必要以上にゴミを増やさないよう生産量を減らせば、排出されるゴミを減らせます。

ゴミを減らすことの意義は、地球上の限りある資源を無駄に使わずにすむことです。
さらに、焼却するゴミが減れば、その分の燃料も、焼却時に排出される二酸化炭素も減らすことができるというさらなるメリットがあります。

3Rで実現する循環型社会

こうしたリデュース・リユース、そして別の商品として再生させるリサイクルの流れを一連のサイクルとして継続できる社会こそ、日本が目指す循環型社会です。

では、世の中が循環型社会であるべきなのはなぜでしょう?

日本は現在に至るまで増え続けるゴミ問題に悩まされ続けてきました。
並行して、地球規模では温暖化の進行や天然資源の枯渇は時間の問題となっています。

高性能の焼却炉を開発して燃やせるゴミの処分量を増やしても、埋め立て地を増設しても、ゴミ問題は解消される見込みはなく、排出される二酸化炭素に対する有効な対策もみつかりません。
日本のように経済が成熟した社会では、大量生産・大量消費の流れは産業構造上一気に変えることは難しい、そんな状況の中、有効な打開策として提唱されたのが3Rへの取り組みであり、循環型社会への転換でした。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る