3Rは個人と社会の連係プレー

3Rを自分の生活に取り込もう!

日本の循環型社会への転換は、ひとりひとりの取り組みの積み重ねの上に実現します。

3Rを目指して、個人レベルで日々できることはたくさんありますよね。
まず、3Rの根幹であるリデュースの具体的な取り組み方法を、ここで改めて確認しましょう。

リデュース
家庭から出るゴミのうち一番多いのは生ゴミです。
生ゴミは水分も多いため、焼却するのにより多くのエネルギーを必要とします。
そのため、家庭レベルでのリデュースの取り組みとしては生ゴミを減らすことがもっとも効果的です。
・腐らせてしまったり、切り落として捨ててしまう食材を減らすこと
・買い物する際には、必要なものをメモして購入し、衝動買いや不要な買い物を避けること
・野菜の芯や皮などは、きんぴらなどに調理して残さず食べること
・エコバックを持参して、お店でレジ袋をもらわない

社会で取り組む3R

今では当たり前になったリユース・リサイクル。
今後も継続させていきたい取り組みです。

リユース
・お酒やビールの空き瓶は、地域の集団回収に出したり酒店に戻して再利用
・シャンプーなどのボトルは、詰め替え用パックから中身を詰め替えて再利用
・着られなくなった子供服や不用品は、きれいにして別の持ち主やリサイクルショップへ(一般的なリサイクルショップでは、リユース品を取り扱っていることになります)

リサイクル
(マテリアルリサイクル)
・古新聞・古雑誌・古紙、プラスチックごみ、食品トレイ、牛乳パック、空き缶、ペットボトル、乾電池などは必ずお店や地域の分別回収に出す
・携帯電話、PC、カメラなどの小型家電は自治体の回収ボックスで回収し、金属資源を取り出し再利用
・家電製品は専門業者やお店に引き取ってもらい、適正な処理の上、金属資源を有効活用
(サーマルリサイクル)
・廃棄物を焼却する際の熱エネルギーを燃料として再利用



この記事をシェアする
▲トップへ戻る